セロトニン、トランスポースターの分泌とプリリジー

心配している男性

パートナーとの性行為の際に通常よりも、著しく早いタイミングで射精してしまう症状を総量症と言います。
近年このような早漏症の男性にとって、劇的な効果を発揮すると言われているのがプリリジーという飲み薬です。
一般的に早漏を改善する薬剤としては、陰茎に直接塗布して効果を発揮するタイプのものは存在しています。
これらの早漏改善薬は一種の麻酔作用で感覚を鈍らせることで、性的な刺激を抑えて射精までの時間を延ばすというメカニズムです。
では飲み薬であるプリリジーにはどのような効能があるのでしょうか。
そもそも勃起と射精の行為には自律神経の働きが大きく関わっていると言います。
交感神経は昼間に活性化して、緊張状態を引き起こす作用があります。
一方で副交感神経は夜間に働き、心身ともにリラックス状態の時に活発になる傾向があります。
通常であれば勃起の際に副交感神経が優位に働き、射精の際には交感神経が優位に立つという流れになります。
しかし早漏症の男性の場合は常に交感神経が優位になりやすいため、ノルアドレナリンという脳内物質が活性化します。
ノルアドレナリンが活性化することで脳が過剰に反応してしまい、混乱状態の中で射精への指令が異常に早く出てしまうというのが早漏症のメカニズムです。
ポリリジーの主成分であるダポキセチンにはノルアドレナリンを抑制させる働きがあると言います。
ノルアドレナリンを抑制する際に発生するセロトニン・トランスポースターの分量を増加することでそのような作用を導きます。
プリリジーはセロトニン・トランスポースターの働きを活発にして、ノルアドレナリンの濃度を調整することで性的な刺激を緩和します。
そのためプリリジーの服用でセロトニン・トランスポースターを上手に促進させれば、射精までのタイミングを劇的に延長する効果に期待が出来ます。